請求期限について

B型肝炎の給付金の法律には給付金の請求期限が定められています。こちらでは当初は法律が公布されてから5年までとされていました。平成29年の1月12日までとされていたのです。しかし、平成28年の3月時点でも提訴者は3万人にとどまっていました。そこで法律を一部改正することになりました。これによって期限は5年間延長されたのです。その結果として、平成34年の1月12日までに延長されました。この期限までであれば、給付金の請求をすることができるでしょう。

医者また、このような法律改正とともに政府は給付金の存在をもっと多くの方に知ってもらうための活動に力を入れることを決めました。また、ウイルス検査をもっと多くの方に受けてもらえるように勧奨を進めることも決議されています。

感染被害者の推計は45万人程度とされています。そのうちの大部分の方は未だに権利を行使することができていないのです。せっかく給付金をもらうことができるのに、それを請求しないのはもったいないことです。

期限が延長されたといっても、あっという間に平成34年になってしまうでしょう。そのため、気づいたときからすぐに検査をして、給付金受け取りのための手続きを進めることをおすすめします。最後に弁護士に相談することについて説明します。