給付金は期限がある

子供B型肝炎になっている患者は日本にたくさんいます。100万人を超えるほどいるとされています。その中には国の不手際によって感染してしまった方がいます。国というのは行政機関としてしっかりと医療行為を管理する役割があります。しかし、かつて国はその役割を怠ってしまい、その結果として集団予防接種における注射器の使い回しによって、B型肝炎の集団感染という事態が生じてしまいました

集団感染した方達は協力して国を訴訟しました。その結果、無事和解が成立して、国は給付金を支払うことになったのです。B型肝炎給付金は法律によって明確に要件や金額が定められています。数十万円程度から3千万円を超えるような給付金が支給されるケースもあるのです。一次感染をした方だけではなくて、そこから二次感染や三次感染をした方も対象となっています。さらには感染者の遺族も給付金を請求する権利が与えられています。要件を満たしている方は多くいるのです。

しかし、まだまだ多くの方が給付金を受け取れないでいます。請求できる資格があるにも関わらず、実際に手続きをしないという方が多いのです。手続きでは国に訴訟をしなければいけなくて、躊躇している方がいるのです。訴訟は難しいというイメージがあるのですが、弁護士に頼れば問題ないでしょう。

B型肝炎給付金には請求期限が存在しています。こちらではそんな請求期限について解説しています。B型肝炎給付金のことが知りたい方は参考にしてください。