弁護士に相談する

弁護士給付金期限まであと数年程度しか残されていないため、急いで給付金請求をしたいという方は多いでしょう。そんなときには弁護士に相談をするべきです。弁護士であればスムーズに手続きを進めてくれるでしょう。

B型肝炎の給付金の手続きは、国を相手に訴訟をしなければいけません。その際には自分が要件を満たしていることを示す書類を提出しなければならないです。これを集めるためには苦労することが多いです。医療機関に問い合わせをしなければいけないこともあるからです。弁護士に任せれば、しっかりと書類を集めてくれるでしょう。裁判所への手続きも行ってくれます。代理人としてしっかりとサポートしてくれるため、弁護士はとても頼りになるでしょう。

弁護士を選ぶ際にはB型肝炎の給付金請求について実績のある法律事務所を利用すると良いでしょう。弁護士の仕事というのは分野が細分化されており、それぞれに得意分野もあれば苦手分野もあるのです。そのため、B型肝炎訴訟の経験のある弁護士に依頼をした方がスムーズに問題を解決してくれるでしょう。そのような仕事のできる弁護士を探してください。まずは気軽に無料相談を利用しましょう。そこでしっかりと話しを聞いてもらうのです。


請求期限について

B型肝炎の給付金の法律には給付金の請求期限が定められています。こちらでは当初は法律が公布されてから5年までとされていました。平成29年の1月12日までとされていたのです。しかし、平成28年の3月時点でも提訴者は3万人にとどまっていました。そこで法律を一部改正することになりました。これによって期限は5年間延長されたのです。その結果として、平成34年の1月12日までに延長されました。この期限までであれば、給付金の請求をすることができるでしょう。

医者また、このような法律改正とともに政府は給付金の存在をもっと多くの方に知ってもらうための活動に力を入れることを決めました。また、ウイルス検査をもっと多くの方に受けてもらえるように勧奨を進めることも決議されています。

感染被害者の推計は45万人程度とされています。そのうちの大部分の方は未だに権利を行使することができていないのです。せっかく給付金をもらうことができるのに、それを請求しないのはもったいないことです。

期限が延長されたといっても、あっという間に平成34年になってしまうでしょう。そのため、気づいたときからすぐに検査をして、給付金受け取りのための手続きを進めることをおすすめします。


給付金は期限がある

子供B型肝炎になっている患者は日本にたくさんいます。100万人を超えるほどいるとされています。その中には国の不手際によって感染してしまった方がいます。国というのは行政機関としてしっかりと医療行為を管理する役割があります。しかし、かつて国はその役割を怠ってしまい、その結果として集団予防接種における注射器の使い回しによって、B型肝炎の集団感染という事態が生じてしまいました。

集団感染した方達は協力して国を訴訟しました。その結果、無事和解が成立して、国は給付金を支払うことになったのです。B型肝炎給付金は法律によって明確に要件や金額が定められています。数十万円程度から3千万円を超えるような給付金が支給されるケースもあるのです。一次感染をした方だけではなくて、そこから二次感染や三次感染をした方も対象となっています。さらには感染者の遺族も給付金を請求する権利が与えられています。要件を満たしている方は多くいるのです。

しかし、まだまだ多くの方が給付金を受け取れないでいます。請求できる資格があるにも関わらず、実際に手続きをしないという方が多いのです。手続きでは国に訴訟をしなければいけなくて、躊躇している方がいるのです。訴訟は難しいというイメージがあるのですが、弁護士に頼れば問題ないでしょう。

B型肝炎給付金には請求期限が存在しています。こちらではそんな請求期限について解説しています。B型肝炎給付金のことが知りたい方は参考にしてください。